公認会計士の資格は超難関なため、転職には有利です

公認会計士の転職の道を考える

公認会計士の働く場

公認会計士の働く場は監査法人以外にもたくさんあります

転職の際の注意点

転職する場合には条件をよくチェックしましょう

転職情報を集めよう

転職情報はハローワークなどより求人サイトや転職エージェントで集めてみてはいかがでしょう

公認会計士の転職の道を考える

公認会計士を目指す人やすでに公認会計士の資格を取った人が増えています。公認会計士は国家資格ですが、2006年から受験資格が撤廃され、誰でも受けることが可能になりました。そのため受験者数が増え、それに合わせて合格者が増えたのだと考えられています。とは言っても、公認会計士は日本の資格試験の中でも3本の指に入るほどの超難関資格です。資格を取れば、監査法人に勤務して大企業を中心に監査を行います。仕事の幅も、監査をはじめ、財務や経理、税務など幅広い仕事を行います。また、コンサルタントとして活躍する人もたくさんいます。

近年は大手監査法人が大規模な早期退職を募ったために、さらに多くの公認会計士が世間にあふれているそうです。それだけに転職は厳しいと思われますが、資格があるのは強いことです。監査法人以外に、会計事務所、コンサル会社をはじめ一般企業などでも仕事をすることができます。少しでも有利な条件で転職できるように活動をしましょう。


リクルートエージェント

公認会計士の求人の中には、「将来独立したい人も可能」というものがあります。経験を積んで将来独立したい人はそういう求人に応募するといいでしょう。一例を見てみると、そこでは決算や税務申告、資金繰りの支援などの仕事をします。また、組織の再編や事業承継に関わることもさせてもらえます。会計税務に関する仕事が多いようですが、独立を考えている人はその分野に強くなれます。

公認会計士は働く場が多いのが特徴です。専門知識が必要なために、誰でもできるという仕事ではないため、転職に強い資格だと言えるでしょう。安定している一般企業に転職するのもいい方法です。安定した収入が得られます。また一般企業はM&Aをすることが多く、そういう場面でも公認会計士の力を必要としています。求人に関しては選択肢が多いだけに、妥協せずに自分のやりたい道かどうかをしっかり考えるといいですね。特に経験3年以上の公認会計士は募集が多いようです。それまでの経験を高く評価されますので、自分なりにうまくアピールするといいですね。企業が求める経歴や実績を示すことができれば、いい転職ができるのではないでしょうか。